メルズ・ドライブイン

メルズ・ドライブイン

ハスケル・ウェクスラー冒頭シーンから登場するノスタルジックなドライブイン“Mel’s Drive-in”。視覚コンサルタントのハスケル・ウェクスラーによってジュークボックスのようにきらびやかな存在として印象付けられた。

劇中では皆から“Burger City”と呼ばれ親しまれる社交場であり、映画全体をも包み込み込んでいるかのような風格さえ感じる。このページではアメリカン・ダイナーからドライブインへの変遷や、現在の「メルズ・ドライブイン」情報などを紹介する。

尚、「メルのドライブイン」と記述した方が、海外からの翻訳には適していますが、当サイトでは日本語の総称「メルズ・ドライブイン」で統一表記しています。

ドライブインの歴史

カーホップアメリカ的大衆食堂と言うべきか、いわゆる「旧きよき時代」の趣のある軽食レストランをダイナー(Diner)と言います。古くは1920年代、ダイナーの前に駐車した常連客の車へのサービスとしてウェイトレスがサンドイッチなどを運ぶ姿があり、路上(カーブ)サービスと呼ばれていた。

やがて、このサービスが拡張され、ドライブ客専用の広い駐車スペースと、専任ウェイトレス(カーホップ)を配した新しいスタイルのビジネスがカリフォルニアでスタートする。1932年ハリウッドのサンセット通りとバーモント通りの交差点に開店した「ピッグスタンド」こそが、ドライブインスタイルの発祥とされている。しかし、お奨め商品はローストポークを挟んだサンドイッチだけだったと言われる。
最古のドライブイン・チェーンと言われる「カーペンターズ」は、あらゆる試みをした。駐車場にスピーカーボックスを設置し、カーホップにローラースケートを履かせスピーディーな接客対応を始めると、1930年代半ばにはカリフォルニア中に続々とカーホップ・ドライブインが登場し、メニューも豊富になったそうだ。
スピーカーボックス
グレンデールの「ボブ・ワイアン・ドライブイン」では今日でいう「ビッグマック」の元祖的な、3層バンズのハンバーガーを販売し大評判になり、「ビッグボーイ」へと改名、1940年代には初のフランチャイズ化に成功している。

マクドナルド
こうした勢いの中、1937年から小さなホットドッグスタンドを営んでいたマクドナルドが、1940年にはロサンゼルス郊外のサンバーナディーノにドライブインスタイルの店舗を構えることになる。これをドライブインの起源とする説もあるが、やがてマクドナルドこそがカーホップをも要さない合理的なファストフード産業へと成長させる事になる。